Breaking New Ground With A Classic Touch: Chichibu’s Ichiro Akuto (Part 2)

This is the second part of our interview with Akuto San. You can read the first part here.

WhiskyWall:   You are growing your own barley, sourcing local peat and growing Mizunara trees.  Is it your goal to make a 100% Japanese whisky – similar to Kilchoman’s just released 100% Islay whisky?

あなたは、自身で麦やミズヌマ材を育て、地元のピートをお炊きになると聞きます。あなたのゴールは、キルホーマンが最近発売した純アイラ・ウィスキーのような、100%国産のもののみを使用した、純国産ウィスキーを作ることですか?

Akuto San:  たぶん、ウイスキー造りをしている人間ならだれでも、同じような夢を持つのだと思います。高品質のウイスキーを造ることが最優先事項ですが、もし国産原料のみで実現できればとてもうれしいですね。どのくらいの数量が出来るかはわかりませんが、ぜひ実現したいと思っております。

I think probably anyone making whiskey has a similar dream.  Of course I always try to make the highest quality whiskey, but it would be even better If I could do that with all domestic materials.  I don’t know how much I could produce, but I want to make a 100% Japanese whiskey one day.

WhiskyWall:  Your washbacks are made of Mizunara, why did you decide to do this?

なぜウォシュバックにミズナラを使用することにしたのですか?

Akuto San:  当時ウオッシュバックをステンレスにするか、木製にするか、迷っていました。たまたま木桶を造るメーカーに友人が勤めていて、良質なミズナラ材が使用できるという情報を得ました。ウイスキー蒸溜所でオーク材をウオッシュバックに使用しているところはありませんでした。専門家の意見も聞いたうえで、導入を決めました。

I was debating whether to use stainless steel or wood for our washbacks.  Then, one of my friends who happened to work in a coopery business told me I could use Mizunara.  No distiller uses oak wood for washbacks, but I decided to use Mizunara after checking with a specialist.

WhiskyWall:   Chichibu releases have been primarily single cask expressions, do you plan on having a standard chore range of expressions?

いままでの秩父からのリリースは主にシングルカスクですが、今後定期的にリリースする銘柄などの計画はありますか?

Akuto San:  今年は2008年の原酒が3年を迎えます。数量は限定になりますが、世界的にシングルモルトウイスキーとして発売を計画しています。年に数回、発売をすることになると思います。

The distribution may be very limited, but I’m planning on releasing a single malt made in 2008 that has reached 3 years world wide this year, several times a year.

WhiskyWall:  What are some of the challenges for you as a relatively small distillery?

比較的小さな蒸留所であることのデメリットはどのようなことですか?

Akuto San:  スタッフの人数が少なく、顧客の要望に十分応えることが出来ないことはあります。しかし、今取引があり顧客は十分理解を頂いておりますので、特にデメリットは感じていません。

We do not have enough staff to fully satisfy our customers’ needs.  But our customers are also very understanding, so we do not feel bad about not being able to fully meet customers’ demands.

WhiskyWall:  What are some of the benefits?

逆に、小さな蒸留所であることのメリットは?

Akuto San:  原料仕入れから製造、熟成状況などのすべての工程を把握することが容易です。また、一回のロットが少ない分仕込みを頻繁に行うため、若い製造スタッフたちのスキルが急速に向上することも大きいです。

All of our staff are involved in the whole process, we make a small quantity at one time, but do it frequently.  So young staff learn and get better at making whiskey in a short period of time.

WhiskyWall:  Unfortunately, here in the US we do not have access to your whisky, do you have any thoughts of ever bringing your whiskies here?

残念なことにここアメリカでは、現在あなたのウィスキーを入手することが出来ませんが、将来アメリカで販売することをお考えですか?

Akuto San:  ぜひとも、そうしたいと考えております。

Definitely.  I am planning on selling my whisky in the US in the future.

WhiskyWall:  What bottles of whisky do you have at home now?

あなたが今お家でお持ちになっているウィスキーのコレクションは、どのようなものですか?

Akuto San:  私はバーで多くの銘柄を試したいという気持ちから、ボトルのコレクションを積極的には行っていません。本気で集め始めると大変は出費になりますから。しかし、時々気になるボトルや限定ボトルを購入するこはあります。キニンビーのヘーゼルウッドやラフロイグ21年、ボウモア22年、古いスプリングバンク30年や21年、その他のスコッチの古いボトルも少々あります。理想を言えば、オフィシャルボトルであっても買っておけば、原酒構成が時代とともに変わるので大変貴重なサンプルになります。

I like to go to bars and try different whiskeys, so I don’t try to collect bottles and don’t have much at home. Kininvie’s Hasel Wood, Laphroaig 20 yrs, Bowmore 22 yrs, Springbank 30 yrs and 21 yrs, and other old Scotch whiskeys.  Even official bottles will become precious samples as it ages over the year.

WhiskyWall:  Are there any whiskies that just amazed you? Which ones?

あなたが今まで出会ったウィスキーで、ただただ感心させられたものはありますか? いくつか挙げられますか

Akuto San:  まだ、ウイスキー経験が浅かった頃、「ウイスキーがこんな味がするのか!」と思ったボトルとして、濃厚な香水のようなブレーバーを感じたエドラダワーがあります。60年台ボウモアの南国果実のようなフレーバーにも驚嘆しました。また、グレンモーレンジのアーティザンカスクもホワイトオークのフレーバーにも大いに興味を惹かれました。しかし、それ以外にも、多くのボトルが個性的でとにかくウイスキーの奥深さと多様性を感じさせてくれます。

When I didn’t have much experience, as for bottles where I thought “Whisky can have this flavor!” I felt Edradour had a flavor of dense perfume.  I also admired Bowmore in the 60s for its passion fruit-like flavor.  I was also fascinated by Glenmorangie’s Artisan Cask for its white oak flavor.  Still, other than those, I have had the privilege of many bottles with individuality, whiskies with depth and diversity.

WhiskyWall:  For those people that are not familiar with Japanese whisky, is there anything that you would like to tell them?

まだ日本のウィスキーに馴染みの薄い人々に、伝えたいメッセージはありますか?

Akuto San:  ウイスキーは蒸溜所ごとによる味わいの違い、熟成環境による味わいの違いを楽しむのがその醍醐味の一つだと思います。日本のウイスキーはスコットランドともケンタッキーやテネシーとも異なる環境で育まれてきました。その独自の環境で熟成されたウイスキーは楽しんでいただける価値があると思っています。ぜひとも、ご自身の鼻と舌でその独自性を感じてみてください。

To enjoy different tastes and different distilleries and environments is on of the ways to appreciate whisky.  Japanese whisky has grown in a different environment from Scotland, Kentucky, and Tennessee.  Therefore I believe it is worth is to enjoy whisky that is specific to a unique environment.  I highly recommend that on tries the unique flavors using one’s own nose and palate.

3 Comments

Filed under Chichibu, Chichibu

3 responses to “Breaking New Ground With A Classic Touch: Chichibu’s Ichiro Akuto (Part 2)

  1. Great follow up guys. Look forward to more of these detailed interviews.

  2. Dramtastic

    Great stuff Chris. If there is a more energetic, passionate, hands on whisky artisan in the world today than Ichiro Akuto I haven’t heard of them. I truelly believe that Chichibu will become a legendary distillery.
    Looking forward to picking up a bottle of the 3YO when back in Japan this October.
    Dramtastic

  3. Thanks Brian. I think Akuto San’s passion shows in the resulting whisky. I can’t wait for the 3YO either. Enjoy your trip in October.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s